ぎっくり腰

宇都宮市のみなさま、こんにちは。宇都宮の整体、健裕館宇都宮療術院です。

こんな経験ありませんか?

くしゃみをしたら腰に痛みが走った
肩こり
ズボンをはこうとしたら痛くなった
掃除機かけてたら痛くなった
歯磨き中に痛くなった

などなどです。

はい、それは「ぎっくり腰」です。西欧では「魔女の一撃」と呼ばれるほど、突然にやってくる痛みです。

とにかく急激な痛みなので、立ち上がれない・歩けない・動けないなどなど、行動を制限されてしまうこともしばしば。

しかし、非常に起こりやすい症状で、一度経験すると、再発しやすいのが困ったところです。

ぎっくり腰って、どのようなメカニズムで、どういう風に対処すれば良いのでしょうか?


ぎっくり腰の大部分は、捻挫・炎症

ぎっくり腰の多くは、腰部分の筋肉の炎症、つまり捻挫が多いです。

靭帯部分に疲労がたまり過ぎていて、些細なことがきっかけに、靭帯が伸びて、捻挫になってしまうのです。

炎症とは、その名の通り熱を持つ状態です。なのでぎっくり腰の場合は、温めるのではなく、冷やす方が痛みが緩和されます。


ぎっくり腰の対処法

さてそれでは、ぎっくり腰はどうすれば対処すれば良いでしょうか?

炎症なので、痛みの部分を揉んでしまってはNG。逆に悪化させてしまいます。

だから整体施術では、骨盤のゆがみと、周りの筋肉を緩めていくことをします。当該箇所には触りません。

腰の捻挫のときは、骨盤がゆがんでいることがほとんどなので、それを解消することで、痛みを取り除いていきます。

そして周りの筋肉をゆるめていくことで、血行を良くして、回復スピードを早めていきます。

とにかく痛くて痛くてどうしょうもない、このぎっくり腰。再発もしやすい、ぎっくり腰。

早めに対処してしまいましょうね。

宇都宮のみなさま、当院におまかせください!