椎間板ヘルニア

宇都宮市のみなさま、こんにちは。宇都宮の整体、健裕館宇都宮療術院です。

こんなことで悩んではいませんか?

腰から足先にかけてシビレや痛みを感じる
咳やくしゃみで激痛が起こる
手術をしたけど、ヘルニアの痛みが取れない

椎間板ヘルニアで悩んでいる人は、本当にツラくて辛くて我慢できないそうです。

ヘルニアの対処法としては、手術・レーザー治療・薬注射などがありますが、術後でも効果を実感できないということがあります。

でも整体施術で椎間板ヘルニアがなんとかなるとしたら、あなたはどう思いますか?


椎間板ヘルニアって何?

そもそも椎間板ヘルニアとはなんでしょうか?

腰骨には、5つの腰椎骨と1つの仙骨があります。そしてその骨の間には、「椎間板」というクッションのようなものがあります。

この椎間板は、おまんじゅうのような構造をしていて、外側の皮の部分を「繊維輪」、あんこの部分を「髄核」と呼びます。

そしてこの椎間板の後ろには神経があり、髄核が繊維輪を貫いて神経を圧迫し始めることで、痛みやシビレを生じさせます。

これが椎間板ヘルニアなのです。



手術やレーザー治療では、この貫いて神経を圧迫しているところを切除することで、対処しようとするものです。

しかしまた同じように髄核が出てきて神経を圧迫すると、痛み・シビレが出てきます。

髄核が出てこないようにすること=根本対策が、椎間板ヘルニアには重要なのです。


整体でヘルニアを対処するには

それでは、整体ではどのように椎間板ヘルニアを対処するのでしょうか?

答えは簡単です。筋肉のほぐしと、腰椎の矯正です。

筋肉と腰椎の歪みで姿勢を崩して、その影響でヘルニアに負担がかかり、髄核が飛び出て、神経に触れてしまっているのです。

だから原因箇所の筋肉をほぐして腰椎を矯正すれば、そのようなことになりません。

もちろん、しっかりと原因を見極められる経験と技術が必要ですが、当院ではたくさんのヘルニア患者さんを施術していますから、ご安心ください。

軽度の方なら、2・3回で、かなりヒドい人だと回数はもっと多くなりますが、1回1回の施術で、その効果を実感できると思います。

宇都宮で椎間板ヘルニアでお悩みの方は、ぜひ当院の施術をお試しください!