運動と健康と整体の関係


現代人は運動不足と言われており、運動不足が健康に影響を及ぼしていると考えられています。

確かに、適度な運動は、健康に非常に良い影響があり、整体施術の効果を高めます。

ここで重要なことは、あくまで「適度な運動」ということです。

「過度な」運動をしてしまうと、健康には逆です。悪い影響です。


過度な運動が健康に悪い理由

よく運動しようと思い立って、いきなりランニングを開始したこと、ありませんか?

それで2キロぐらいで疲れてしまい、2・3日ぐらいでヤメテしまう・・・

これが一番悪い運動の仕方です。


理由① いきなりランニングは、足腰・モモ裏にすごい負担がかかります

走り終わった後、もも裏がパンパンに固くなったことがあるでしょう。
筋肉が固くなってしまうんです。

筋肉が固まってしまうのが、一番厄介です。

筋肉のコリ・固まりは、血行を悪くさせるので、全身に酸素・栄養が行き渡りにくくなります。

そうすると、疲れやすい・回復しにくいなど、身体が不調に傾いていきます。

運動したのに、逆に健康が悪くなっていく典型例ですね。


理由② 「ぜいぜい」息切れはNG

息切れするのほど運動は、身体に負担がかかり過ぎている証拠です。

適度な運動は、「息切れせず、汗が少しでており、ポカポカしてくる」ぐらいの運動です。

負担がかかりすぎる運動は、その後の回復力を低くして、身体に疲れを残します。結果、その疲れがドンドン残り、健康に悪影響が起ってくるのです。


運動と整体の関係

適度な運動で、血行が良くなり、身体がポカポカしている状態だと、整体施術の効果もググーンと高まります。筋肉がトロトロに柔らかくなり、何にでも柔軟に対応できる体質になっていくのです。

逆に過度な運動は、筋肉が凝り固まってしまうので、そのコリが解消されるまで、回復力が落ちたままです。

ですから、整体は、筋肉のコリを解消することに終始することになり、よりよい体質のための整体が出来ません。

運動しなきゃ!と考えている宇都宮の皆様、過度な運動はお控えください。

まずはウォーキングぐらいから始めましょう。慣れてきたら時間を長くして行きましょう。

それも慣れたら、少しずつ、ウォーキングの合間にランニングも混ぜていきましょう。

そうしていければ、自然に運動量を増やしていくことができますよ


←「頭痛のときは、頭だけに整体施術はしない」前の記事へ  次の記事へ「揉み返しって何?」→


コメントをどうぞ

CAPTCHA