背中の痛みは上半身を弱らせる

寒い冬は、みなさんはどのよう防寒をしますか?

厚手のコート、ヒートテック、帽子、手袋、耳当て、靴下、ニット、ホッカイロ・・・ たくさん防寒具はあると思います。

防寒具の中で一番重要なもの、なんだと思いますか?

それはマスクなんです。

なぜマスクなのか?それは冷たい空気が体内に入り込むことを防いでくれるからです。

身体の表面の冷えもいけませんが、それ以上に身体の中から冷やすことがNGなのです。


冬に背中の痛みが増える理由

冬に冷たい空気を吸うと、体内、特に肺が冷えます。

肺の周りには背中の筋肉がついており、肺の冷えが背中を冷やして凝り固まらせます。

その結果、冬は背中の痛みが増えて、多くの人が冬に整体を受けにきます。

背中の痛みはとても重大なことです。

背中は上半身を支える部分。ここが凝ると肩・首をひっぱります。

結果首コリ・肩こりもひどくなります。

肩・首が凝ると、後頭部をひっぱり、頭の筋肉も凝りはじめます。そうすると頭の血管・神経などを圧迫し、頭痛につながります。

マスクをせずに冷たい空気を吸っているということは、自然に頭痛を起こしてしまっているんですね。


冬のケアはしっかりと

だから冬のケアはしっかりとしてください。

まずは冷たい空気を吸わないように、マスクをすることは大前提!

それでも背中は冷えてしまいがちなので、ホッカイロを背中に貼ることも重要でしょう。

ヒートテックなどの防寒具を中に着るのもOK。

もちろん、背中を整体施術で緩めていくことも、非常に効果的です。

寒い冬をしっかり元気にすごすために、背中のケアしましょうね!